社会人になってからのアメリカ留学4つのススメ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 8
スポンサーリンク

29歳の時に渡米して来た、という記事を以前書きました(なぜ29歳で渡米を決めたか?)。

社会人になってからの渡米をした事自体とても良かったと思いますが、渡米後に随分と遠回りしてきたとも感じていますし、あの時こうしておけば、今こんなに苦労してないのに!!等思う事があります。

そんな私の経験と反省を踏まえて、ある程度大人になっている社会人の方へ社会人留学のススメを明記していきます。

留学後の方向性をある程度明確にしておく

留学後にワーキングビザで仕事がしたいのか?OPTで1年だけ働きたいのか?永住権が欲しいのか?もしくは直ぐ帰国するのか?

ある程度、留学後の事を考えておく必要があります。

何故ならば、ビザの問題が生じてくるからです。

もしワーキングビザで働きたいのであれば、その条件に満たさないといけません。

4年大学卒業かそれ以上の学位が必要。

さらに、その学位の内容と仕事内容が一致しないといけません。

もしくは3年の社会人経験が一年の学位と見なされますので、12年の職歴があるか、短大、コミカレプラス6年の職歴で、応募出来るケースもあります。

これも同様にビザの仕事内容が一致しないといけません。

ワーキングビザの応募が毎年4月1日からスタートするので、そのタイミングも渡米前に計算しておかないといけません。

もし、グリーンカードも視野に入れているのであれば、大学院のマスターディグリーだと申請から1-2年で取得可能ですが、それ以外のカテゴリーだと4-7年位かかる可能性があります。

そう考えると、大学の学位はとっておいた方が良いのか、大学院留学するのか、もしくは語学学校、コミカレからステップアップしていくのか、逆に、6年の職歴を得る為に、もう後数年は日本の会社で頑張るのか等、ある程度の計画性が必要になってくると思います。

社会人になってからの留学では、とりあえず今の忙しい仕事、日々から一旦離れて、留学してみて、その後は学校が終わってから考えよう、等という事は言っていられません。

「卒業後に日本に帰って就活しよう!留学してきた、という経歴に拍がついているから書類審査では優位になるし、英語力を活かして外資系に就職出来るだろうな、」等と安易に考えていたら、結局望む各企業には全く就職出来ないかもしれません。

今や留学といっても、ある程度のハイレベルの留学内容でないと、珍しくも重宝される物でもないですから。

もし大学院で専門職を学んで、日本の望む分野で即戦力になるのであれば、留学経験を活かして、すんなりと就職出来るかもしれません。

しかし、語学学校や、コミカレレベルだと、逆に留学で空いた2~3年がネックになってくるかもしれません。

新卒ではなく、実践を求められる転職組に入るので、浅い内容の留学だと、企業の望む転職枠とはかけ離れた物になるかもしれません。

もし、卒業後直ぐに日本に帰って就職をする、という計画ならば、その留学を絶対に意味のある物にしないといけないので、帰国後の就職の事も考えて留学内容を吟味する必要があります。

語学学校からは出来るだけ早く脱出!

語学学校にはとにかく10代、20代前半の人達が多い。

高校卒業後に来た人、大学を休学や夏休みの間だけ来ている人等がメイン。

私は当時29歳で語学学校に所属して、非常に浮いていた様に思います。

渡米前の計画では、語学学校に2か月だけ通って、その後はコミカレに入学して、そのままファッションの学位を取るか、1年位で大学院に入学するか、と予定していましたが、結局最初の語学学校に2か月の後、他の語学クラスに2か月の計4か月間通いました。

やはり、若い学生の子や学生上がりの子が周りにいると、その子達からも影響を受けてしまいます。

とりあえず、アメリカで数か月楽しい経験をして、日本に帰国しよう、という若者は多いです。

また、語学学校だと、どうしても緩い環境の為、その波に乗ってしまう可能性があります。

私が通った語学学校では、社会人の時の経験、厳しさを忘れてしまう位の緩さがありました。。

郷に入っては郷に従え(苦笑)、の様にその緩さに流されてしまう物です。。

社会人留学生は早く、語学学校は立ち去る様にしてください!

日本人が多い大きい都市は避けて、学生時代はアメリカのド田舎を検討

語学学校、コミカレと共に日本人は非常に多いです。

特に私の住んでいるロサンゼルス、オレンジカウンティーは非常に多いです。

日本人とばかりつるまない様にしないと!と思ってはいても、ついつい異国の地で、言葉の壁も高く立ちはだかっていると、どうしても日本人に近寄っていってしまうし、同様に彼等からも近寄ってきます。

そうです。。つるんでしまうのです。

絶対につるまない!!という強い意志の下、行動出来る人ならば、問題はないかもしれませんが、やはり東海岸、西海岸のメジャー所では無く、アメリカ中部等の比較的日本人の少な目な場所に留学した方が絶対に良かったな、、と今でも思います。

勿論、それに伴って最初に辛い思いを沢山するでしょうが、どっちみち遅かれ早かれ、辛い思いをするのであれば、最初に集中的にしておいた方が、後々楽になりますから、留学前に戻れるならば、モンタナとかミズーリーの片田舎のコミカレからスタートして、就職時にロサンゼルスやニューヨークの都会に引っ越してくる予定を立てると思います。

英語力コミュニケーション力を高める

私は大学院も考慮に入れていた為に、語学学校時代に大学や市の図書館で黙々と勉強をしていた時期があります。

一方、20代前半の大学を休学していた若者は、経験の為に渡米してきたので、他の国から来た語学学校生も交えて、毎日の様に遊びに行っていました。

当時、私は「フラフラと楽しそうにな。。俺にはそんな事している暇がないからな!勉強、勉強!」と思っていましたが、ある時に気づいたのです。

私は英語でのコミュニケーション力が全く身についていなかった事に。。

勉強だけでは、コミュニケーション力が付くわけがありません。

一方、その若者は粗削りながらも他の国の子達とコミュニケーションがちゃんととれていたんです。

失敗しても、とにかく英語で人とコミュニケーションを日々取っていく事が非常に大切だった事を痛感しました。

アメリカで生きていくには必須ですからね。これも早い時期に苦労してでも力をつけておくべき事でした。

(番外編)アメリカ以外の国で経験を積むのもアリ

これは上記のアメリカ留学以外の提案の為、番外編とさせて頂きます。

アメリカ留学以前に、多くの日本人は外人恐怖症といいますか、島国ならではの単一民族が故に、外国人と接する事に慣れていない人が非常に多いと思います。

私もアメリカに来るまでは、いや!渡米してからもしばらくは、外国人に接する事自体がとても苦手でした。

もうこれは、、慣れて行くしかないです!

逆に言えば、慣れてしまえば何てことないです。

かと言って、日本で外国人と頻繁に触れ合えるか?というと、特に地方の人なんかだと特に難しいかもしれません。

そこで、、

とにかく海外に行って、アメリカ人でなくても英語を話さない外国人でも良いので、とにかく日本人以外の人種と触れ合って、慣れておくというのもとても良い経験で、その後アメリカに来ても外国人恐怖症みたいな物はかなり軽くなると思います!

そこで、お勧めします。

グロキャン(グローバルビジネスブーツキャンプ)という会社が提供している、今後の経済の発展が見込めるベトナムでのインターンシップです。

ベトナム人も我々日本人と同様に英語は第2外国語ですし、同じアジア人でとてもフレンドリーな人種です。

学生時代に、こんな経験をしていると、たとえ将来アメリカに来る事が無くても、その経験は何か他の事にも活きてくるはずです。

ベトナムでのインターン経験が出来る、グローバルビジネスキャンプ

とてもおもしろそうじゃないですか?!

まとめ

社会人になってからの留学で一番大切なのは、やはり、、ある程度の計画性を立てておく、という事だと思います。

勿論、途中で結婚したり、予定が狂う可能性は多々ありますが、それでも大まかなプランは必要だと思います。

それによって、留学資金として、どれだけお金を貯める必要があるのか変わってきますしね。

日本に帰ってきて就職、転職を考えているのであれば、その留学は必ず意味のある物にする必要が出てきます。

海外経験者、留学経験者を専門対象とした転職サービス会社がありますので、日本に帰国時にはそういった会社の助けを得てステップアップをするのも一つの手だと思います。

外資系求人案件も沢山持っていて、海外経験豊富な転職カウンセラーが無料でサポートしてくれるという素晴らしい会社もありますので、利用価値ありますよね!

完全無料の海外留学経験者を専門とした転職サービス:Beyond Border

Beyond Borderは留学経験者や語学を使った仕事をさがしている人に絞って転職サービスをしている為、英語を使って仕事をしたい人にはピッタリです。

しかも、何と!とっても苦労するであろう英文履歴書もサポートしてくれる神対応です。

是非、無料カウンセリング受けてみて下さい。

Beyond Border無料カウンセリング申し込みはこちらから

話をまとめる方向に戻して、、

因みに現実逃避で海外逃亡は危険ですので。。

成り行きで勿論上手く転ぶケースもあると思いますが、ワーホリとかでも独自の方向性を見出す必要はあると思います。

最後に、私が実際に苦労して来た事なので、色々と厳しめの事を明記してきましたが、それでも海外に飛び出す、実際に色々と海外で体験する、海外の人と触れ合う、海外に実際に住む、そして色々と苦労するという事だけでも、とても意味のある有意義な事だと思っています。

もしアメリカだけでなくて、他の海外の地でも興味が少しでもあるならば、一度立ち止まって、じっくりと将来について考えてみては如何でしょうか。

2017. 4. 15

ビザ等に関して、内容、条件等頻繁に変更されていきます。あくまで専門家ではない私の経験や知識等を元に参考までに記載しておりますので、最終的には移民弁護士等の専門家や大使館等、正式機関できちんとご確認下さい。