アメリカで犬を飼う

アメリカのペット犬事情

アメリカでは本当に犬を飼っている人が多いです。私の会社のスタッフの多くが犬を飼っています。びっくりする位多くのスタッフが飼っています。そして、私もその中の一人です。飼っていない人も、親戚が飼っていたりして、そういう人達も含めると殆どのスタッフにとって犬は身近な存在なんです。

そして、来店する多くのお客さんが愛犬を引き連れてきます。買い物時も愛犬と離れたくないのと散歩のついでに買い物をする、もしくは逆に散歩のついでにぶらっとお店を見る、という事でしょう。たまに犬同士が暴れている光景もお店で良く見ます。。

ここに驚きのデータがあります。アメリカに住んでいる人、家族単位で44%の人がペットに犬を飼っていて、日本に住んでいる人、家族単位では、たったの14%の人しかペットに犬を飼っていない、という内容でした。

何故アメリカで犬が飼いやすいのか

ペットOKのアパートメント(日本で言うマンションも含めて)が日本に比べて多い

アメリカに比べて日本の方がペット自体を飼いにくい環境だと思います。日本だと犬を飼おうと思うと、一軒家が必要になってしまうのではないでしょうか?アパート、マンションではペット禁止がほとんどではないでしょうか??

私の住んでいるロサンゼルス界隈でも多くのアパートメントがペット禁止としていますが、ペットOKのアパートメントは日本と比べると非常に多いと思います。勿論、デポジット金は高くなり、月々の支払もペット代として、加算されます。

ペットフレンドリーの店が多い

ショッピングモールにしろ、小さいお店にしろ、そして中にはレストランでも外のパティオ席ならば犬がOKな店が多くあります。ビーチ近くのお店だと犬用に水を置いている店も良く見ます。犬好きな人も多い為、とてもウェルカムな雰囲気のお店が多いです。

ドッグパークが多い

放し飼いに出来るドッグパークも多く、大小あるにしても、各市に1つ位はあるのではないでしょうか?平日に行っても、多くの人が愛犬を連れてきています。私達もよく利用しています。

犬の大便用の無料ビニール袋とゴミ箱が一体になったステーションがいたる所にもある

私のアパートメント内にも犬用のステーションが3つもあります。公園にあるのは当たり前で、ビーチやショッピングモールでもステーションのある所が沢山あります。こんな小さな事でも飼い易い理由に繋がるのではないでしょうか。

コーギービーチデーに参加

そして、つい先日ハンティントンビーチで開催されたコーギービーチデイに参加して来ました。毎年年に3回開催されて、コーギーがビーチに溢れています。

私の愛犬も息子とお揃いの服を着て参加!

楽しいですよ!!

まとめ

という事で、アメリカはドッグフレンドリーな理由が一杯なんです。又、アメリカではアニマルシェルターもとても一般的で、そこで犬を探す事が出来ます。

犬は勿論、病気やケガもしますし、お金もかかりますが、それ以上に癒してくれますからね。犬を飼うには、一生面倒を見る責任だけはちゃんと持つ必要がありますが、アメリカでもし飼える環境が整っているならば、ぜひ犬を飼う事をお勧めします!