アメリカの日系企業で働くメリットとデメリットって一体何??

アメリカの日系企業に関しての第2弾は、アメリカの日系企業で働く上でのメリットとデメリットを明記していきます。

アメリカの日系企業と言っても色々な種類がある

前回明記した様に、日系企業の中でも日本に法人があり、アメリカ進出してきた比較的大きい企業と日本人がアメリカで起業した比較的小さい企業との二種類があり、また社員スタッフ比率が現地アメリカ人比率の高い企業と日本からの派遣を含む現地日本人比率の高い企業とにも分かれますが、私の経験をベースに考えられるメリットとデメリットです。

アメリカの日系企業で働くメリットとは?

ビザサポートに理解をしてもらいやすい

これは日系企業で働く上で、とても重要なポイントだと思うので、少し長めになります!

勿論以前書いた様にシリコンバレーの様なIT企業では日本人云々というのではなく、仕事の出来る人を世界中から採用している様な米国企業でも、ビザサポートはきっちりしてくれるはずですが、一般のアメリカ米国企業だとビザサポートの事自体よく知らない企業が多いと思います。

アメリカに進出した日本法人の日系企業だと、ある程度の勉強をしているでしょうし(中には全然していない会社もありますが。。。)、現地で起業した日系企業ですと、オーナー自体ももしかしたらビザの事で苦労したかもしれませんし、ビザの問題に関しては理解している人が多いのではないかと思います。そういった意味でも、日系企業で働くという事は、ビザサポートに関して理解をしているし、サポートをしてもらえる可能性が高いと思います。

但し、注意しないといけない事があります!!現地でスタートした日系中小企業に多いのですが、そのビザで苦労するという事を利用して、スタッフを使い捨ての様な扱いをする企業も、残念ながらあります。

ビザ申請に関わる事で、本来は企業が払わないといけない費用があるにも関わらず、我関せずで、全て申請する社員に全費用を負担させる。

ビザの関係上、容易に転職も出来ない事を知っている為、安い給料で雇用し続ける。

又は、数年働いたらグリーンカードをサポートしてあげる、と言いつつ結局ビザで働ける期間働かせて、結局グリーンカードのサポートをしない。。やはりグリーンカード取得を目指す人が多い中、もし可能性がない企業ならば、早めのうちに見切りをつけて、取得可能性のある企業に転職をしてチャンスを得たいと思うものです。グリーンカードの為に安い給料で働いて我慢してきて、結局グリーンカードをサポートしてもらえず、泣く泣く日本に帰国しないといけなくなるという悲惨な結果に。まさに飼い殺し状態です。。

ビザに関しては会社とちゃんと話し合って、明確にしておかないと後で泣きを見ることになるので、要注意!!但し、自分でも弁護士さんに直接色々質問をしておくなど、きちんと理解、確認をしておく事は絶対に必須ですよ!以前の会社で、自分では何も調べなくて、そのビザ取得出来る資格もないのに、ビザをサポートできないか?と聞く人もいましたが、正直それがあなたの仕事のレベルとイコールですよ、、例え資格があったとしても無理ですよ、、と心の中で呟いていました(苦笑)。

社員、スタッフが日本人だと日本語で仕事が支障なく出来る

やはり、言葉の問題はとても大きいと思います。それを日本に居る時と同様に、日本語で仕事が出来るのであれば、日本での仕事経験をそのままアメリカでも活かせる可能性がある、というのはとても大きなメリットだと思います。

日本特有の、あうんの呼吸なる物も感じる事が出来ると思います。日本で似たような文化、知識、教育、環境で育った人が多いと、多くを語らずとも理解できる事が多々あります。

お客さんを日本人対象にしているケースもある

日本企業、日本人を対象とした保険会社、日本人旅行者をメイン対象とした旅行会社等、アメリカに住む日本人を対象にしている無料マガジン、ウェブサイト企業等、日本人をメインの対象にしている企業はアメリカには結構あると思います。これも上記と同様に言語の問題なく、日本での経験や知識がそのまま活かす事が出来ます。

アメリカで仕事をした、という実績を作る事が出来、次のステップにつなぐ事が出来る

渡米して仕事を探すというのは中々難しい物です。アメリカ米企業だと、日本での仕事の実績を容易に判断出来ないからです。しかし、日系企業だと、日本での実績をある程度理解する事が出来るので、採用しやすいと思います。アメリカで仕事をするには学生も含めて、アメリカで仕事をした、という実績を作る事がとても大切です!そういう意味でもまずは日系企業で実績を作ってから次のステップも見えてくるのではないかと思います。

日本とは違う、アメリカの仕事の慣例を知る事が出来る

もし、スタッフ全員が日本人という環境だったとしても、日本とアメリカの仕事の慣例は違う物です。そういった慣例を知る、学ぶという意味でも、ファーストステップとしては良いのではないでしょうか。

例えば、企業ハンドブックの内容、採用時に契約書にサインする事、保険のシステム、ベネフィットのシステム、以前明記した休憩、昼休みのシステムの事やTWO WEEKS NOTEの事等。

アメリカで働くなら知っておくべき昼食休みと休憩時間のルール
アメリカでは昼食休みと休憩時間の法律があった! アメリカでは法律で定められたランチ休憩とその他に休憩時間に関する決まりがあります。そし...
アメリカ米企業で働く上で絶対に知っておかないといけない"Two Weeks Notice"の事
Two Weeks Noticeとは? Two Weeks Noticeという言葉を聞いた事がありますか?アメリカで働く上では必ず知っ...

日本出張の機会を得る可能性がある

ポジションにもよりますが、日本に本社がある場合等は日本に出張に行く機会もあるかもしれません。

私は年に二回日本出張に行っていました。私の場合は特別かもしれませんが、日本には実質4日のみの滞在で、会社にこもりっきりで、ホテルの中でも納期に迫られた仕事をしていて、ほぼ自由時間なる物はありませんでした。親からは毎回、何で日本に帰国しているのに、親の顔を見に実家に立ち寄る事が出来ないの!といつも言われていていました。。

まーこんな企業はまれだと思いますが、、一般の人の場合、出張と有給を組み合わせたりして、実家に立ち寄ったりしている人が多いみたいです。

私の場合は本当に仕事のみでしたが、仕事上、お店周りはしていました。LAのだだっ広い景色から飛び出して、東京や大阪の街を歩いているだけでも本当に刺激的でした。

私の仕事は日本で半年分の買い付けでした。その一回の発注で半年分の売り上げが決まる為、本当に大事で重要な仕事の為、飛行機の移動中もデータ集めや見直しなど、後はミーティングの準備等、ほぼ仕事をしていたので、年二回ともなると長時間の飛行機の移動でもとても疲労がたまるので、私は年1回の出張で十分かなと思いますが。

アメリカの日系企業で働くデメリットとは?

折角アメリカに来たのに、何で日系企業で日本人ばっかりと仕事をしているんだろう、、とふと思う事がある

上記の様に日系企業で働くメリットは沢山ありますが、これ、、本当にふとした時に思うと思います(苦笑)。あれ??みたいな。けど、ビザの問題があったり、米国企業に挑戦しようと思っても、中々その勇気もない。。

私は最初の内はふと、でしたが、その内悶々としてくるようになりましたが。。これ絶対日系企業で働く人のあるあるだと思います(笑)。

英語力が伸びない

これは会社内のスタッフ比率にもよると思いますが、完全に日本人、もしくはミックスされているにしても、普段やり取りをする人、話をする人が日本人メインの場合に当てはまると思います。

私の場合は、日系企業二社共スタッフが日本人でした。お客さんはアメリカ人、現地人で英語だったのですが、スタッフと話す事がとても多く、又日本本社の上司ともメールのやりとりは日本語。スカイップも日本語。仕事中に使う言語のほとんどが日本語でした。

この状況だと本当に英語力が伸びない。。

日本企業、日本文化の嫌な所がそのままある

残業していれば仕事が出来る、努力していると勘違い。強制的な飲みにケーションは当然。有給が使いづらい。休日出勤も仕方がない。代休取らなくてもいいんじゃない?的なオーラ。社長、上司が神様的な存在(ある方がおっしゃっておりましたが、本社から上司が来たら玄関前までお迎えに来るのが当然じゃないか?と。。いいえ、決してそうは思いません。。)、飲み会時にお酒を注ぐ等の慣例行事。。なんかジメジメした風潮というか、、以前書いた失敗を厳しく追及するような事も。。

アメリカ米国企業に転職して気付いた日本企業、日系企業と米国企業の失敗に対する反応
日本企業の失敗に対する反応 前持って言っておきますが、日本企業、日系企業全てに私が言う事が当てはまる事ではありませんし、アメリカ米国企...

まとめ

日系企業、米国企業、どちらもメリット、デメリットとあります。日本人の多くはビザの問題があると思います。私の友人の様に大学卒業前に米国企業に積極的にアピールして、ビザのサポートをしてもらった人もいます。そういう自分の力で勝ち取っていける人は本当にすごいと思いますが、まず日系企業でアメリカでの職の実績を作ってはどうでしょうか?

アメリカ人と結婚してビザの問題はなく、すぐ働ける、日本でちゃんとした実績もあるという人も、いざ仕事を探そうと思っても、アメリカでの仕事の経験がない為、中々希望の仕事に就ける事はないと思っていいと思います。まずは大学、学院で学位をとって、インターンを経験して、希望の仕事を手にするというのも一つの方法だと思いますが、渡米後すぐに仕事をしたいのであれば、まず日系企業でのステップを得る事が次の道への一歩だと思います。