世界中から多くの観光客が集まるロサンゼルスとその周辺の市

ロサンゼルスってどういう都市なの??

ロサンゼルスは不思議な町です。もしロサンゼルスに来られた事のない方はテレビや映画のイメージ、情報からアメリカの大都市と思われているかもしれません。確かに人口はアメリカの中でも1,2位を争う数ですし、当然ながら経済も上位に位置します。しかし、実際に住んでみると、このだだっ広いロサンゼルス郡、そしてその周辺のシティー、決して東京の様な大都市ではありません。

ニューヨークに行かれた事のある方なら分かるかと思いますが、ニューヨークは東京に似た様な都会感、大都市感を感じますが、ロサンゼルスはニューヨークや東京、大阪等とは全く違う感じの町です。勿論、ビバリーヒルズやサンタモニカはその周辺の都市としては、観光地化されて綺麗な場所ですが、もしロサンゼルスとその周辺の都市を大きくくくるならば、ちょっと田舎っぽさのある都市です。同じカリフォルニアでもロサンゼルスとサンフランシスコのダウンタウンとはまた全然違う雰囲気で、サンフランシスコのダウンタウン周辺はビジネスや店が密集していてロサンゼルスより都会感があります。

ロサンゼルスの特徴としては、サンフランシスコとは真逆で、観光スポットや買い物スポットが点在しているという所でしょう。一つの場所に行くのに車で何十分、1時間かけて行かないといけません。そして、東京、ニューヨークと違う所は上記の様に、完全な車社会で電車で移動するという事はあまりしません。勿論、電車は通っているには通っているのですが、路線も少なくとても不便で、バスと同様に低所得者が利用するイメージもあり、ローカルの一般の人は好んで利用はしません。その為、ほとんどの人が自分の車を所有しています。そして、最悪のフリーウェイの交通渋滞を引き起こすのです。。

一年を通して世界中から観光客が集まる

映画、エンターテイメント産業と観光業等がとても盛んで、一年を通して比較的暖かく過ごしやすい気候の為、世界中から観光客が集まります。ここは東京や大阪とは少し違う点かと思います。勿論、大都市の東京も世界中から多くの観光客が訪れていますが、ここロサンゼルスの比ではありません。大阪等はここ数年、中国からの観光客が異常に増えているという話を聞きますが、ロサンゼルスは本当に世界各地から沢山の人が集まってきます。

ここ数年増えているのは中東からの観光客です。彼らの多くはラマダンという夏位に1か月ほど断食をする時期があるのですが、それ以降にドッとロサンゼルスに観光に押し寄せてきます。その時期辺りになると、あらゆる場所で彼らの姿を見る様になります。先日アメリカ人のお金持ちは半端ないと記事にしましたが、この中東からの観光客も半端ないです。

アメリカのお金持ちは半端ない金持ちだった。。
アメリカのハイエンドな小売店で働いて気づいた事:アメリカのお金持ちは半端ない突き抜けたお金持ちだった。。 ロサンゼルスの中心地でハイエ...

高級ホテルに長期滞在し、その周辺の高級店でお金を使いまくります。その期間中は運転手を雇い、高級レンタカーでロサンゼルスを買い物、観光で移動しています。彼らは毎年夏辺りにロサンゼルスに来て、至る所で沢山のお金を消費して行く為、彼らの渡米時期、人数によって主要店は売り上げが左右されてしまう程です。

結論

ロサンゼルスの主要場所、観光スポットのターゲットは地元民だけではなく、世界中の人々をターゲットとして商売をしている、と言う事が出来ます。勿論、日本、東京の主要店でも世界中の人々をメインに商売をしている所もあると思いますが、多くのお店、観光地は商売のターゲットの大部分は日本人向けではないでしょうか?

本当に沢山の観光客が世界中から押し寄せてくるロサンゼルスという都市は、世界中の人々をお客のターゲットにする事が出来る。言い換えれば、世界規模の商売が出来る、というのがロサンゼルスの特徴ではないかと思います。