アメリカ米企業マネージャー職で最も求められる事

ズバリそれはリーダーシップ”

マネージャー職はとにかくリーダーシップを求められます。私の職場は小売の為、特に要求されるのかもしれません。マネージャー数人が居て、後は皆部下になる為、彼らをまとめていかないといけません。

私はもともと日本の会社員時代も、日系の会社でマネージャー職に就いてからも、お前ら、俺に付いてこい!!という典型的なリーダーシップを取るようなタイプでは全くなかった為、完全な英語環境でローカルのスタッフ達にリーダーシップを取るというのは、更に出来なく、上司や会社からはマネージャーはリーダーシップを取らないといけない!としつこく言われます。

以前明記した様に、私達は年初めにゴールを決めます。

米企業の実力主義というのは本当?
実際米企業で働いて感じるアメリカの実力主義 前回の記事では、米企業の社員は日本の企業の社員に比べて、仕事が出来る人と出来ない人、仕事に...

私が考えて提出していた年間目標に対して、私の上司は”それは私にとって今重要な事ではない。お前にはこれを学ぶ必要がある、と”Sales Leadership”という項目をメインの目標に置き換えられてしまいました。。

私としては、とほほ。。。苦手だからそっとしておいて、得意な事をもっと伸ばす方向性でやって、1年間の仕事の評価をしてもらうPerformance Reviewで良い評価をもらおうと思っていたのですが、どうもそれはマネージャーとして許されなかったらしい。。

米アメリカ企業で求められるリーダーシップの内容とは?

かといって、私の想像していた米企業のリーダーシップというのはそれが全てではありませんでした。

俺について来い!のカリスマ的なリーダー像よりも、リーダーとしてスタッフとのコミュニケーションを頻繁に取る事の重要性を述べています。私のボスもまさしくそういうタイプのリーダーです。とにかくしゃべりまくる。マシンガントーク炸裂とはこの事か、という位スタッフ皆に話しまくる。そして冗談も言いまくって、明るい雰囲気を作ろうとしているのが良く分かります。勿論バカ話ばかりだとなめられてしまうので、厳しく伝える所はちゃんと言っています。

あ、よかった。俺について来い的リーダーシップが全てじゃなかった。。。と言いたい所ですが、私は口下手なので、この頻繁に行うコミュニケーションも苦手なんです。。昔の日本人男性に良くありがちな、俺の背中を見たらわかるだろう!的な古いタイプの人間ですが、自分自身を変えていくしかないので、挑戦中です。

ただ、以前から私は人の悪い所に注目する事よりも、良い所を見つけ出してそこを伸ばしてあげれる様に出来たり、モチベーションを高めたりする事は得意です。これもリーダーがやるべき事の一つだと信じています。

リーダーシップと一言で言っても、色々な項目があると思いますし、人それぞれ得意、不得意な事があると思いますが、皆さんにとってリーダーシップとは何でしょうか?