実際にアメリカで働いて分かったアメリカで働く方法

アメリカで働く方法

将来アメリカで是非働いてみたい!と思われる方はとても多いと思いますが、周りにそういう方がいない場合は一体全体どうすればいいの!?と雲をつかむ様な方も居るのではないでしょうか?そういう方の為に、実際にアメリカで働いてみて分かった事もあります。では一体どういう方法があるのかを大まかにですが、明記していきます。

学生ビザで渡米してそのまま仕事を探し就職する

これが一番一般的で多いのではないでしょうか。私の周りの日本人も大体がこのパターンです。まず学生として生活の拠点を確保し、現地の色々な情報を得る事が出来ますし、学生卒業後にOPTというプラクティカルトレーニングという学生ビザのままで働ける権利を得れる為、就職の前にワンステップを得る事も可能です。

日本の人材派遣会社等を通して日本に居ながら現地の会社を探す

よくあるのが海外インターンシップ紹介会社かと思います。このインターンシップだと他の労働ビザより敷居が低いのかと思われます。もしくは人材派派遣会社の中には海外にも支店があり、ネットワークが強い会社や、海外専門でやっている派遣会社もある様です。

現地の人材派遣エージェント会社を通して日本に居ながら現地の会社を探す

現地にも沢山人材派遣会社があります。多くの現地派遣会社は日本本社があり、現地にも支店を置いているケースが多いです。それら会社に登録しておくというのも一つ手かもしれませんが、上記の日本の人材派遣同様に、ビザの問題もクリアーにしないといけない事を考えると、日本に居ながらこのパターンで探すというのは難しいかもしれません。ただし、仕事の専門職が既にある場合ビザサポートします、というケースもあります。

ロサンゼルスで代表的な人材派遣会社

http://www.919usa.com/

http://www.iiicareer.com/

http://www.pasona.com/

現地情報ウェブサイトの人材募集欄で仕事を探す

現地に住んでいる人もこの現地情報ウェブサイトの中の日系企業、お店の人材募集で仕事を探している人はとても多いです。ただ日本に住んでいる場合はビザの問題がある為、あまり現実的ではないかもしれませんが、色々な情報集めとしてはとても良いと思います。

ロサンゼルスで代表的な2つの現地情報サイト

https://losangeles.vivinavi.com/

http://www.us-lighthouse.com/

その他

日本のアメリカ支社で駐在員として渡米するか、日本の米企業に就職し、アメリカに異動する等もあります。ただ、私の周りにはそういったケースの人が居ない為、情報不足、、という事で割愛させていただきます。

結論:アメリカで仕事をする為には現地留学をお勧めします

こうやってまとめてみると、やはりビザの問題や日本とアメリカの距離の問題が生じてきますし、駐在員等を除くと、中々現実化されにくいのかな、としみじみと思いました。

その中でもやはり、留学してから現地で就職という流れが一番可能性が高いのかと思います。現地に生活拠点があり、情報も沢山得る事が出来、ビザもH1ビザ取得という流れが取れやすいです。但し、要注意ですよ!H-1Bアメリカ労働ビザを取る為には、勿論条件があります。4年制大学の学位以上を持っているか、それに相当する経験(基本は3年の経験を学位1年分と見なすので、12年の経験か、もしくは2年生大学、アメリカコミュニティーカレッジ学位プラス6年の経験が必要)を持っている事。そして、その学位、経験が申請する会社の仕事内容と一致する事。こう考えると、E投資、貿易ビザの方が取りやすいのかも知れませんね。。

もし、とにかくアメリカで働くという経験だけ欲しいという方ならば、インターンシップ専門に扱っている会社を通して、18か月アメリカに滞在する事が出来るJ1ビザを使い渡米してくる事が良いかもしれません。ビザや条件の敷居がそれほど高くない為、取れやすいのかなと思います。但し、18か月後2年間アメリカ国外に出ないとH1ビザや永住権には移行出来ないというルールがあるみたいです。しかもインターン、研修ですので、給料も高くない事が多い為、やはり単なる経験をしてみたい、という方には良いのではないでしょうか。

何はともあれビザの問題がまず先に生じてきてしまうので、この”アメリカで働く方法”というコンセプトからは少しずれるかもしれないのですが、もしも!もしも!!可能であるのならば、アメリカ人と結婚してとりあえず渡米してから、ビザの問題が何もない状態で、現地に来てから仕事を探すというのをお勧めします(苦笑)。金銭的にも時間的にもかなり節約出来て、ビザの問題というストレスが軽減されます。アメリカに住む日本人女性はこのケースがとても多いですね。

ビザ等に関して、内容、条件等頻繁に変更されていきます。あくまで私の経験や知識等を元に参考までに記載しておりますので、最終的には移民弁護士等の専門家や大使館等正式機関できちんとご確認下さい。