米企業では退社しても普通に復帰してくる!?

サクッと辞めていくアメリカ人達

以前のブログにも明記した様に、アメリカではとにかくスタッフがどんどんと会社を去っていきます。特に私の場合は小売店の為、大体のスタッフがパートタイムです。この場合、人の入れ替わりが秒速的に感じる位で、ややこしいアメリカ人の名前をようやくフルネームで覚える事が出来たと思ったら、もう辞める的な事も。。

そして普通に復帰してくるアメリカ人達

退社時にはハグをして”Good Luck!”と言い、もう中々会う事もないかなと思っていたら、数か月後には普通に復帰して来て、ハグして”Hey!”。なにこれ??

日本人的な感覚からすると、一度辞めた会社に再度復帰するって、中々ないのではないでしょうか?例えバイトでも、一度辞めたらお店側とその人との間によっぽど良い関係性がないと復帰しないのではないかな、、と思いますが。

そして面白い事に復帰したスタッフはまたすぐ辞めていきます。こういう感覚のない日本人の私はもう笑うしかないですよね。。

しかもそれはバイトだけでなく、社員も含めての事です。ただ社員の場合はバイトとはちょっと違います。

退社後に他社で経験を積んで、辞めた時より上のポジションで復帰

社員の場合は一度辞めて他社で経験を積んで、元居た会社にどんなに自分のレベルが上がったか自分を売り込み、辞めた時のポジションより上のポジションを掴んで復帰してくるのです。そして給料も以前の辞めた時の給料ベースではなく、転職した先の会社を辞める時の給料をベースに昇給させるのです。通常転職時に給料を上げさせるので、どんどん給料を上げる事が出来るのです。

やはり日本人的にはあまりなじみがない事ですよね、きっと。自分の事を振り返っても、以前勤めていた会社に復帰する、、、うーん、やっぱり考えられない。アメリカでよくある習慣と捉えるしかないですね。

皆さんは以前勤めていた会社に復帰する、というのはあり得ますか?