会議や新人研修でも皆ガンガン自分の意見を言うアメリカ人達

日本の学生とアメリカの学生の違い

日本で学生の時、授業中に自らすすんで発言する事なんてほぼ記憶になく、先生から指名されて答えを求められたら、しぶしぶ答えるという受け身型の授業がほとんどだった様な気がします。大学生時代なんか、大きなクラスに沢山の生徒達で存在感を示す事など、高校時代に比べてさらに少なくなってしまいました。授業というのは先生が一方的に講義をして、生徒は基本的に受け身な物と思っていました。

アメリカに来てコミュニティーカレッジという二年生の大学に入り、授業に出ると教授から指名されてもいないのに、アメリカ人の生徒達は意見をドンドン言いまくります。本当にびっくりする位に、授業中自ら発言していきます。しかもくだらないどうでも良いような内容の発言でも躊躇なく発言します。

本当に日本の受け身の授業とアメリカの参加型の授業の違いにカルチャーショックを受けました。

日本企業とアメリカ企業の会議での違い

その積極的参加スタイルは会社でもそのまま受け継がれます。彼らは小さい時から自ら意見を述べないといけないと教育されて育ってきているので、当然の事です。日本の教育スタイルとは違います。

そして、日本のミーティングでも基本は会議のトップが意見を言い、自分の担当の時に用意した資料をもとに発表、もしくは日本の学生時と同様に指名されて意見を聞かれたら発言をするという受け身スタイルは変わりませんでした。

アメリカの日系企業時のミーティングも基本は同様です。会議のトップが居て、皆そのトップの顔色をうかがいつつ発言をして、結局はトップの意見に従うのみ、という日本企業時と同じような物でした。二社目の日系企業では逆にトップのポジションで会議をしていたので、その時は出来るだけ参加型で皆が意見を言いやすい様に務めたつもりではあります。

しかし、アメリカ企業に転職して新人研修に参加したのですが、アメリカの学生時代と同様に皆どんどん意見を言いまくります。やはり指名されている訳では無いのに。発言するという行為が、自分は会議に参加しているというアピールの一環です。

社員のその積極的参加型の違いと、ひいては日本の教育システムとアメリカの教育スタンスの違い、というのに気が付きました。

それは、、アメリアではどんな意見を言ったとしても、発言をしたという行為自体を受け入れるのです。では日本は?というと、これは私の意見ですが(きっと当たっていると思います)、日本は発言したという行為よりも、内容を重視して、もしおかしな発言や間違った意見をすると、周りの人達は勿論、会議のトップや学校の先生達も失笑したり、否定してしまい、さらに発言しにくい環境を作ってしまいます。でもアメリカでは個々の意見を尊重します。そういう意見もあるんだな、と受け入れられます。

日本で学校の先生はそこまで言えないかもしれませんが、会社の上司や会議のトップ等は、そういう人達に対して、くだらない意見を言ってるんじゃない!と怒られる事も全然ありえると思います。

なぜアメリカ人達が自分の意見をがんがん言えるのか、のまとめ

アメリカ人は小さい時から、自分の意見を発言するという教育されて、発言するという行為を尊重されている。

日本人の教育機関では、大学まで受け身型の講義式授業を受けて育ってきた。

アメリカでは周りの人達はその発言の内容に対して、くだらない内容でもそれは個々の意見である、と尊重される。

日本では周りの人達はその発言の内容に対して、くだらない内容だと失笑したりバカにしたりして、次に発言しにくい雰囲気を作り出している。

上記が私が渡米して学生、アメリカ企業と経験してきた上での感想です。