海外旅行者必見!アメリカでの医療費は本当に超高額

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 8
スポンサーリンク

先日、まだ生まれて2か月と少ししか経っていない娘が手術をする事になりましたが、腰を抜かすぐらいの手術請求金額を見て、やはりアメリカの医療費は尋常じゃない位、高い事に改めてビックリしました。

この件を踏まえて、アメリカでの保険の重要さと対策をお伝えします。

アメリカで娘の手術

娘の手術の詳細は控えさせて頂きますが、大の大人の自分でさえ手術をした事が無いのに、自分の娘、しかも生まれたての赤ちゃんが手術をするというのは、辛い物です。

赤ちゃんなので、当然、泣いたり、動いたりする事を、自分で調整する事が出来ない為、全身麻酔をしてからの手術となりました。

「そんな小さな体にメスを入れて、、」と可哀そうで、いたたまれない気持ちでしたが、手術も無事に成功して、1日病院に入院して、術後の経過を見て退院してきました。

家からはかなり遠い地域の病院での手術となった為、妻がずっと付き添ってくれて、本当に感謝です。

3週間後に医療費の請求書が。。

そして、医療費の請求書が届きました。

医療費は、驚きの$34,550でした!!

現在の日本円に換算すると、ビックリ約400万円弱になります。。

え!?

$34,550??

$3,450 の間違いじゃない??

日本円だと400万円弱??

やばくない??

この金額に度肝を抜かれました。。

アメリカでは有能な保険会社が絶対に必要

しか~し!!

その横には、”Covered by Insurance”と書かれて、そのほとんどが保険会社によってカバーされて、支払い必要額は$30ですよ、と天使のささやきかの様なありがたい明記がされていました。

現在の為替レートで、約3,400円位ですね。

$34,000の内の$30。。。

約400万円の内の3,400 円。。

ありがたや。。

現在の私の家族の健康保険は、私の勤務している会社が提供している保険プランで、とっても良い内容の保険に入っています。

当然、家族全員カバーされる保険です。

先日の長女の出産でも、支払いは確かCo-Payの$30か$50のみだったはずです。

アメリカで第二子出産!そして出産翌日には退院

因みに、前職の勤務先のベネフィットはとても悪くて、保険は私しかカバー出来きませんでした。

その為、妻の保険は妻自ら加入せざるを得なく、普通レベルの保険プランだったので、第一子の出産費用は保険カバーの不足分として、結構な金額を払ったと思います。

アメリカでの初めての出産は不安だらけ

アメリカでは今でこそ、オバマケアによって、全員が保険に加入しないといけないシステムに変わりましたが、数年前までは保険に加入するか、しないかは本人次第で大丈夫でした。

そう考えると、本当に恐ろしいですよね。。

保険を持っていない人が、いきなり手術が必要になって、400万円の請求がいきなりくるって。。

盲腸の手術と1日入院で100万円以上するみたいですし。

日本では救急車が無料とは知らなくて、帰国時に息子の為に救急車を呼んでビックリしたのですが(息子と男二人旅でハプニング!子育てを通して自分も成長する。)、アメリカでは当然、救急車を呼ぶとお金がかかります!

オバマケアになって数年経った今でも、保険に加入する事によってかかる、月々の保険代支払いが勿体ないから、と加入していない人もいます。

ほんと、目先の事しか見えてないですよね。

アメリカの会社選びは、ベネフィットの充実、良い保険プランを会社がどの位カバーしてくれるか、というのも非常に重要視されます。

アメリカに数日のみ遊びに来るとしても医療費をカバーする保険が必要

以上の様に、アメリカは医療費が異常な程、高額です。

もし、出張や観光でアメリカに来られる事があれば、海外保険が必要です。

ちょっと定かではありませんが、海外で支払った医療費に対して、日本の健康保険で後日帰国後に支払ってくれましたか??

でも、万が一起きた急な怪我や病気に対する高額な医療請求額を先に支払わないといけないのは間違いないですよね。。

ちなみに、私のアメリカの保険は日本で病院にかかった後、アメリカに帰国後に保険会社がほぼ全額支払ってくれました。

しかし、このケースも当然、私が先に支払いました。

海外在住者が日本へ一時帰国時に旅行保険に加入すべきか!?

海外健康保険に加入すると良いと思いますが、それよりもお勧めなのは、 旅行傷害保険を付帯したクレジットカード が2枚以上持っておく事をお勧めします。

有料で保険が充実しており、且つ家族にも保険が付くクレジットカードと、無料クレジットカードでも海外旅行傷害保険が付いてくる2つを持つ事で、補償額が合算されるという裏技があります!

より詳細は下記リンクをチェックしてみて下さい。

アメリカの医療費は超高額!海外旅行傷害保険付きクレジットカードお勧め2選

まとめ

アメリカの医療費は異常な位、高額です。

保険に入っていても、まかないきれない位の高額の為、自己破産せざるを得ない人達も多々いる様です。

アメリカに観光、お仕事、留学に来る方には、ぜひ海外旅行傷害保険付きクレジットを2つ作っておく事を強くお勧めします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする