実際の所、アメリカ人の仕事レベルは日本人と比較してどうなの?

アメリカ人の仕事への接し方

アメリカ人は日本人に比べて勤勉じゃない、定時になったら即帰る、仕事でミスしても謝らない、部下でも上司の仕事に疑問をもったらガンガン意見を言う等のイメージがあるかもしれません。

実際はどうか、と言われたらYesでもあり、Noでもあると言えます。それは日本人も同様だと思いますが、答えは人によって様々です。

アメリカ人は基準があってないような感じで、仕事をまじめにする人、あからさまに適当にこなしているだけの人、ミスしたらきちんと謝る人、全く謝らない人等、他のスタッフとコミュニケーションを良く取り、人当たりが良い人、コミュニケーションを取らずに、挨拶もろくにしない様な人等と本当に差が激しいです。

日本人との比較

日本人との大きな違いは、アメリカ人はその差が人によって激しいという事です。日本人は良い意味でも悪い意味でも平均的基準があるのではないかと思います。出来るだけ会社のルールに従う、他の社員と同じ様な時間に退社する、他の社員、社風の雰囲気に合わせる等、一応基準ルールとして表面的に行動している事や、暗黙の了解のルールとして行動している事などがあると思います。

しかし、アメリカ人も勿論表面的なルールはありますが、それさえ守らない人がとても多いです。日本の企業は今でも遅刻に対してとても厳しい?私が日本に居た時はとても厳しかったですし、アメリカの日系企業も遅刻に対しては厳しかったです。実際私もマネージャーとして厳しく部下に指導していました。

しかし、現在の米企業はスタッフは勿論の事、私の上司達もしょっちゅう遅刻してきますし、全くそれを気にしていません。遅れて申し訳ない、と言う人もいますが、大概の人は遅刻してもゆーくりと歩いて来て、中には何か食べながら出勤してきて、普通にハロー!と仕事に入ります。

そうかと思うと20分前には必ず出勤して、予定時間になるとすぐに仕事に取り掛かっているとても真面目な人もいます。とにかくその差が激しいのです。

マイクロマネジメントは嫌われる

そして、仕事は結果で判断して、その途中経過等はあまり重要視していないのです。私も最初はマネージャーとしての立場として、前職の日系企業のマネージャーの時と同様の気持ちで居たので、遅刻に対してとてもイライラしたり、不真面目な勤務態度や、勤務時間中にトイレに10分位こもっていたりしたら、早く仕事に戻れよ!と思ったりしていました。しかし、逆にそういうのを気にすること自体がこちらではマイクロマネージングと言ってダメな上司に当てはめられてしまうという事を学んだので、今では出来るだけ気にしないようにしています。

あなたはどちらのタイプの仕事環境があうと思いますか?