アメリカの米企業に転職して3年が経過して振り返る

何やかんやと3年が経過

アメリカの日系企業から米企業に転職して3年が経過しました。

以前の日系企業では7年働いてきました。日本では7年は普通の事だと思いますが、アメリカで7年は相当長い期間働いたな、、という感じです。

そんな日系企業から何故、米企業に転職したのかというと。。

なぜアメリカの米国企業で働く事に挑戦しようと思ったのか?

日系企業時代からお客さんは現地に住むアメリカ人だったのですが、一緒に働くのはほぼ日本人ばかりという環境からガラリと変わって、周りはアメリカ人達のみという環境になり、尚且つマネージャ―職として、アメリカ人達にリーダーシップを発揮しないといけないという状況に、カルチャーの違いや、コミュニケーションの難しさ等、相当に苦悩してきました。

アメリカの米国企業で働いて来て少し振り返ってみる

アメリカの米国企業で昇進して6か月経過状況と今後を考える

米国企業で昇進して1年が経過して思う事

上記の記事以外でも、色々と日本企業との違いや米国企業で求められる事等、過去に沢山記事にして来たので、今後アメリカで働きたいという方にとっては、参考になる記事があると思うので、是非、過去の記事もチェックしてみてくださいね。

3年を振り返って見る

振り返って見て、、「あ、3年経ったんやね。。」という感じです。

過去記事を見て頂くと分かると思いますが、恥ずかしい位、相当に苦悩してきました。。

自分から挑戦したい!と米企業に飛び込んできたにもかかわらず、転職初期時には「逃げ出したいわ。。」と思う事が多々ありました。。

車での出勤でフリーウェイにのる時に「反対方向のフリーウェイにのってしまおうかな。。」等も度々。。

でも、何とか最初の難関を乗り越える事が出来て、そうこうしている内に昇進するチャンスを掴むことが出来て、また新たな壁にぶつかりながらも3年経過する事となりました。

この3年で、アメリカ企業ならではと思いますが、人事は相当変わりました。

私と同時入社のマネージャーが最初の1週間の研修時に抜け、次のマネージャも数か月で抜け、私に手取り足取り忍耐強く色々と教えてくれた上司が昇進の為に転勤になり、その後他のマネージャーも昇進の為に転勤になり、そして私の直属のボスがつい最近、退社となりました。

ボスの退社は、全く予想していなかったので、とてもビックリしてしまいましたが、色々と思う事もあったし、彼自身が4年半位の勤務という年月を考えても、容易に受け入れる事が出来ました。

そして何と、私の大好きだった、昇進して転勤して行った上司が私の直属のボスとして私達の元に戻って来る事になりました。私にとっては、超ラッキーな人事異動でした。

そして当然、スタッフの入退社は鬼の数程で、正直もう覚えきれていません。。

そんなに鬼の数程のアメリカ人スタッフ達に指示、リーダーシップをとって来たんだな。。と振り返るとちょっとしみじみしますね。

私を採用してくれて、一緒にずっと働いてきた直属のボスからも色々と学ぶ事が出来ました。

彼自身、とても強いリーダーシップとコミュニケーション能力があったのですが、特に彼から、アメリカ人スタッフに対するリーダーシップの取り方を学ぶ事が出来ました。

私自身はそういうタイプでは無いのですが、米企業のマネージャーポジションになった以上、強いリーダーシップを求められるので、もう身につけるしかありませんでした。

身につけた、というよりは、リーダーシップを持ってスタッフのモチベーションを上げる、指導していく方法、やり方を学んだ、と言った方が合っているかもしれません。

それを教えてもらった事に感謝ですね。

逆に3年が過ぎてしまった

上記の記事からは、「俺は3年やってきたぞ!」みたいに聞こえるかもしれませんが、実はそうではありません。。

転職する前は、最低1年間は、例え辛くても何とか耐えよう、と考えていました。でも、2年、長くても3年以内には次のステップに行こうとも考えていました。

3年居れば、学びたかった事はある程度学べるだろう、と思っていました。そして、実際、望んでいた事は正直、学ぶ事が出来ましたし、今となってはそれ以上の事を学ぼうとしています。

振り返ると、「3年間も頑張って来たな。。」と感じるのと同時に「あ、3年経ったのに、次のステップに行けてないからやばい。。」という気持ちです。

冷静に考えると、「やばい。。」という感情の方がはるかに強いですね。

会社を辞めると、家のローンが組めなくなるので、家を購入するまではここで働かないと、という区切りもあったのですが、次にまた一つ区切りになるイベントが来年頭にあります。

という事で、来年頭までは、ここでもう少し学ぶ期間となる予定ですが、それまでの期間に本当に急いで準備しないとな、、という気持ちです。

まとめ

私のお気に入りだった上司が、私の直属の上司として戻ってきたので、良いのか悪いのか、居心地が良くなってしまいました。。

つい先日、ボスが変わってから初めてのマネージャーミーティングをしたのですが、前のボスはマシンガントークでまくし立てる様にしゃべくりまくるタイプだったので、本当に意見を言うタイミングだったり、内容だったり、考えて発言しないといけなかったので、ちょっと居心地が悪かったのですが、今回のボスはどちらかと言うと、聞くのが上手な人なので、今回の初めてのミーティングは自分の意見を言い易いミーティングで、とっても良い感じでした。

あまりに居心地が良くなってしまって、来年の今頃に「4年を振り返る」という記事を書いていない事を自分ながら願っています。けど、、やばいかもな(苦笑)。。。