米企業で働き出して変わった行為は?#1

アメリカの日系企業から米企業に転職して一番変わった行為は?

それはHi Fiveハイファイブ、日本で言うハイタッチをスタッフ同士でとにかく頻繁にする様になった事です。

ちなみにハイタッチはアメリカ英語の様に聞こえますが、和製英語でアメリカでHi Touch!! と言ってもキョトンとされてしまいますので、ご注意を!アメリカでは単にHi Five! かGive me Five! と言います。ファイブは5本指の手を重ね合わせるからではないでしょうか。

日本に住んでいてハイファイブをする時と言えば、野球やサッカー等のスポーツ観戦時やチーム対抗運動会や競技、ゲーム、もしくは部活時等かな、と思います。ましてや日本の会社社員時代にハイファイブをした記憶など全くありません。

そして、アメリカの日系企業の社員時代もハイファイブをした記憶はありません。

本当に劇的に増えたハイファイブをする機会

しかし、米企業のアメリカ人社員、スタッフとは本当にささいな事でハイファイブをしてきます。単にすれ違うだけの時でも手を挙げてハイファイブを求めてきます。日本で言うならば通りすがりの会釈的な感覚かな、、と思います。これがコミュニケーションの一環なのです。

彼らアメリカ人は小さい時から、何か良いことをした時は親や周りの大人達からハイファイブをして褒められる習慣があるのです。なので、私もマネージャーの一員としてはスタッフがちょっとでも良い事をしたら彼らにハイファイブを求める様にしています。最初は全く馴染めなくて、こんな些細な事はして当然だろうと、心の中で思っているだけでしたが、彼らはやった事に対して上司の反応を求めるので、よくやったね!という表現の一環としてハイファイブとGood Job! かThank you! と言う様にしています。

皆さんもアメリカに来て、米企業に勤める事になれば、日本の一生分のハイファイブを1週間位でしてしまうのではないでしょうか(笑)。