アメリカの小売店では昇進の為に引っ越す事は当たり前

日本で転勤って普通??

当然、職種によるとは思いますが、日本では転勤って普通ですか?

銀行員や大手企業、旅行業界等の支店がある業界等では良くある事かもしれませんが、日本のファッション小売業界では転勤って良くある事ですか?

もしかしたら、転勤の為に引っ越しせざるを得ない、しょうがなく引っ越すという事はあるかもしれませんね。

私が働いているアメリカの企業では、本当に皆自ら手を上げて引っ越して行きます。。それは会社辞令とかでは無く、自らの昇進の為に新たなチャンスを掴む為に、わざわざ引っ越すのです。

アメリカ人達は日本の様に会社依存というのは基本的には無いので、転勤が嫌なら辞めれば良いだけの話なのですが、それを自らが望んで転勤するのです。

アメリカ人達は上昇志向、昇進願望が非常に高い

もしかしたら、私が良く知らないだけで、日本の大手小売店等で多店舗展開している会社でも私のアメリカの企業と同じ様に、昇進する為に違う店舗に自ら引っ越して行く事は普通の事かもしれません。

私の周りのアメリカ人達は本当に昇進願望が非常に高く、とにかくチャンスを掴みに行こうと躍起になっている様に見えます。その為、競争意識も非常に高いです。

私の店舗だけで、3人が新たなポジションを得る為、昇進する為に引っ越して来たり、引っ越して行ったりしました。

州内だけでなく、はるかアメリカ中東部にまで引っ越して行った人もいますし、わざわざ他店舗から私達の店舗に引っ越してきたにもかかわらず、また2年後にはカリフォルニア東部に引っ越して行った人もいます。

それも3人ともが会社からの辞令では無く、自らが手を上げて、「その店舗に行きたい!」「引っ越しても良い」と立候補して、わざわざ移動したのです。

転勤の為に引っ越す事はとても普通の事

そして、私の店舗だけでなく、他店舗でも他州から引っ越してきた人や、引っ越して行った人を沢山知っています。

勿論、そういう人は皆マネージャー職の人ですが、昇進する為に、州をまたいで引っ越す事に関しては何も問題はないのです。

引っ越しは大変な事ですし、お子さんが居たら、学校の手続き等めんどくさい事もあるのに、自ら転勤するのです。

それ位、昇進したいのです。

日本の企業、日系企業は数社、米国企業は今の一社しか知らないので、狭い視野の話ですが、私の知っている限りでは、日本人の昇進意識とアメリカ人の昇進の意識はかなり違う様に感じます。

とにかく、アメリカ人は昇進に関して非常にガツガツしている様に見えますね。

まとめ

これは日本の会社の人事システムとアメリカの会社の人事システムの違いの為に起こるのかもしれません。

日本では、空いたポジションに会社上層部、上司がそのポジションを今いるスタッフから指名するという感じかな、、と思いますが、アメリカでは、空いたポジションは会社内、会社外共にオープンにして、募集をかけて、その中から適任を見つけます。

簡単に言うと、例え遠い場所であろうと、空いた今より良いポジションが出たら、「私が!!俺が!!チャンスを頂戴な!!」と手を上げまくっている、というイメージでしょうかね(笑)。

積極性がハンパないです。

私は決して、そっち側の性格ではないので、凄いな、、と傍目に見ているのですが、それでも1年前にはそんなアメリカ人と競って勝ち取り、昇進したのですが、それから早1年が経ちました。

そんな1年経過した記事もその内に書こうかな、、とのんびり性格の私です(苦笑)。。