BOGO50って何?

“BOGO 50″とは?

アメリカではセールの種類が色々ありますが、その中でも特によく目にするセールが “Buy One Get One Free” もしくは “Buy One Get One 50% Off” です。日本ではこういうセール見たことが無かったのですが、アメリカではとても一般的なセールです。

要するに、一つ購入すればもう一つの物は無料、もしくは半額になるという事です。そして、業界用語ですが、一般の人達も広く知れ渡っている、タイトルの”BOGO”という言葉。もう、お気づきかと思いますが、頭文字をとってBOGOとなり、発音もそのまま「ボゴ」といいます。Buy One Get One Free ならボゴフリー、Buy One Get One 50%OFFならボゴ50(フィフティー)と言います。

少しややこしい”BOGO”の内容は?

2つ購入するとして、2つの内どちらが無料?半額?と思われるかもしれませんが、当然の事ながら2つの内、安い方の商品が無料や半額になります。

え、じゃ、4つ買ったら?もしくは半端な数の3つ買ったら?等思うかもしれませんね?4つの場合多くのお店は、2番目に安い商品と4番目(一番安い)商品が対象となります。例えば、$100、80、50、30の4つの商品ならば、$80と$30の商品が無料や半額になります。3つ購入の場合は2番目に高い商品が無料、半額になります。

“BOGO”プロモーションの実績は?

では、お店目線からこのプロモーションは売り上げに反映しているのかどうか?答えは勿論 Yes! 当然、お客様はもう一つ買ってもう一つが半額になるのなら、と購入意欲に直結します。客心理を揺さぶらせますよね。

お店としては、1つでも少額でも商品を多く販売して、客単価、商品数を伸ばして行く事が非常に大切なので、$100や$200のジャッケット等の1点追加は勿論の事、$10位のソックス1点追加でも、それがもう2点追加等にも繋がる可能性もありますし、1人$10追加でも10人同様に追加してもらえたら$100のジャケット追加と同等の価値がありますからね。お店としては非常に大きい売り上げ増につながります。

アジア人には全く馴染みのないセールプロモーション

アメリカでは皆知っているセールですが、アジア人には馴染みのないセールなので、中国人や韓国人の観光客は”Buy One Get One 50%OFF”というサインを見て、単にすべての商品が半額と勘違いしてしまい、レジで半額だ!半額だ!と怒りだして、何回も説明してやっと理解してもらえる事が何回もありました。

皆さんもアメリカで買い物をする時は知っていて損はないですね。ただ、このBOGOセールが本当に得かどうかはまた別問題ですが。。