実際に100万円相当を大手銀行とトランスファーワイズで海外送金した手数料比較結果

久々の円高到来!しかし海外送金が出来ないという事実。。

昨年2017年後半の為替レートは1ドルが111円、112円辺りでウロウロとしていましたが、ここ1週間位の間で急に円高に移って来ましたね!

アメリカ時間の本日、2018年の1月30日では1ドルが108円後半です。

少しさかのぼって昨年頭の出来事です。何年ぶりか10年ぶりかに日本から私が住んでいるアメリカまでお金を送金する必要があって、いざ私が利用している幾つかのメガバンクのオンラインで海外送金をしようとしたら、なんとシステムがいつのまにか、すっかり変わっていて、何やらパスワードカードなる物が無いと、海外送金だけでは無く、他銀行へのネットでの振り込みさえも出来ないという事が判明しました。。

日本では「マイナンバー」なる番号を国民全員が持つ事によって、マイナンバーが始まる前に海外に移住して来た日本人にとっては不便になって来た、という話を聞いていましたが、実際に数年前まで出来ていた海外送金が容易に出来なくなってしまっていた、という何やら厳しい規制なる物が出来ていました。

ただただ「ショック。。」

ネットで調べて、マイナンバーを持たない海外在住の日本人には不便になって来たという現実をまざまざと知る事となりました。オンラインによる海外送金に関して、完全な浦島太郎状態でした。

2,3年前までは仕事で日本には年に2回は訪れていたので、円が必要な時は実際に銀行で引き出して、振り込みが必要な時は銀行で振り込んだりしていました。特にオンラインを使って円を動かす事が無かったので、そういった情報には関心もありませんでした。

マイナンバーが無くても海外送金が出来るトランスファーワイズ

そして、そのショックを受けた日から月日は経ち、やはり海外送金が必要になり、何かマイナンバーが無くても海外送金できる手段はないのか、と調べていると「トランスファーワイズ」という海外送金できる会社の存在を知りました。しかもメガバンクの海外送金よりも手数料が安いらしい。「お!これは良いぞ!!」と申請しました。手続きは日本での郵送手続き等も有り、少しめんどくさいのですが、マイナンバーが無くても海外送金が出来る、という事で手続きをしました。

そして、無事トランスファーワイズの申請も通り、いざ海外送金をしよう!と試みた所、そうでした。。。すっかり忘れていました。。私の口座のあるメガバンクからオンラインでお金を振り込む為には、何やらパスワードカードなる物が必要だったのです。。

「海外送金をする為のお金をトランスファーワイズに振り込む事が出来ない!!」

なんだかな。。

しょうがありません。日本に帰国する予定がある時まで待つしかありません。

日本帰国して、マイナンバーとパスワードカードを取得

結局日本帰国時にマイナンバーも取得する事にしました。住民票を日本の実家に戻して、マイナンバーを取得する事が出来ました。

そして、メインのパスワードカードなる物もゲットする事が出来ました。

そして、帰国時に色々と銀行のアップデートや、お金の移動、アメリカに戻って来た時にもお金の移動が出来る様なセットアップ等もしてきました。

しかし、めんどくさい世の中になって来た物です。。

100万円相当の海外送金で、三菱東京UFJ銀行とトランスファーワイズとの手数料比較

そして上記の様に、最近になって、ようやく円高傾向になって来ました。

「よし、ここらでまとまったお金を移動しよう!!」と思い立ち、トランスファーワイズで移動しようと思ったら、トランスファーワイズでは「銀行送金と比較した節約額」というのが表記されます。詳細は下記に明記しますが、結構な差額が表示されていました。

「ん??本当かな??」とくだらない事に好奇心旺盛な私は、「じゃ、実際に比較してみよう!」という考えになりました。

分かり易い様に、100万円ずつにしようと思いましたが、一度の送金金額が100万円相当を超える事が出来なかった為に、指定額をドルにして両方共$9,000に合わせて指示する事にしました。数日前の1ドル109円位の時でした。

$9,000海外送金した結果発表!

トランスファーワイズ 合計989,205円 (手数料7,851円含む)

銀行送金と比較した節約額29,062円と表示

三菱東京UFJ銀行 合計約998,635円 (994,500円に手数料2,500円、と更にアメリカの銀行で請求された手数料$15(1$109円計算で約1,635円)を含む)

約100万円アメリカに送金時は約9,430円トランスファーワイズの方がお得

トランスファーワイズには対銀行で29,062円もお得ですよ、と明記されていましたが、実際はそんなには差額は無く(勿論、どの銀行送金と比較しているのかは明記されていない為、そこはなんともツッコミようはありませんが。。)、実際は9,430円の差額だった、という結果です。

けど、約1万円弱の差額は大きいとは思いますね。。

銀行送金には隠れた手数料があり、公表されている手数料$2500円、受け取り銀行からの手数料等以外に為替両替手数料がかかり、それが結構大きく、例えば今回の様に$1=109円の時には銀行は約1円~2円程足して両替されます。なので、1円と仮定して今回の場合は$1=110で両替されていると思います。そこで銀行は利益を得ているのです。

トランスファーワイズの海外送金は為替手数料は無く、送金手数料として0.8%の手数料となります。

因みに送金にかかった日数ですが、意外な事に三菱東京UFJ銀行はなんと翌日にはアメリカの銀行に送金されていました。トランスファーワイズは2日かかりました。トランスファーワイズの場合、銀行からトランスファーワイズに振り込みしないといけないですし、そういった第三者を介するので、2日でも全然早いですよね。

海外送金とは別提案のマネパカード

この海外送金の方法を色々と調べていくと、他にも色々とやり方がある事が分かりました。それはFXと銀行を利用した海外送金です。

しかし、日本帰国も1週間程度の事だったので、何とかFX口座は開設する事が出来たのですが、FXでは円をドルに変える事が出来ても、そのままFX口座からは海外送金が出来ません。1週間内に、それに伴う海外送金の手数料の安い銀行口座までは開けませんでした。

しかし、そのFX口座だけでもとても良かったのです!

それはマネーパートナーズとマネパカードの利用です。

銀行では両替に1ドル1円~2円の手数料がかかる所を、マネーパートナーズでは1ドル0.2円のみの手数料で、円をドルに換える事が出来ます。そしてそのドルをプリぺイドカードのマネパカードに1ドル0.1円の手数料で移動する事で、海外に送金する事無く、高い送金手数料を払わなくても、普通のクレジットカード同様にアメリカで買い物が利用できるのです。

しかも、今回の様な円高時にある程度まとめてドルに換えておいて、カードに移動しておけばいいのです(勿論、そんなに上手く今が円高時だ!と決める事は出来ませんが。。)。

これはとても便利だと思いますね。特に両親にお世話になっているであろう、海外で暮らす若い留学生なんかには良いのではないでしょうか。

まとめ

仮装通貨を使用した海外送金にも注目していたのですが、最近の不祥事でもう少し様子見が必要ですね。。仮装通貨でお金を稼ぐというのはギャンブル性が高そうですが、海外送金という目的で考えると、面白そうかもしれないと思っていましたが、セキュリティーの問題が懸念される、となった今では、まだまだ手を出すには難しいですね。

そうなると、マイナンバーを持たない海外在住の日本人には、特に海外送金はトランスファーワイズをお勧めですね。

マイナンバーをお持ちで、海外送金では無くカード利用したい、という方には、マネーパートナーズとマネパカードの利用も、とてもお勧めですね。

でも、絶対に近い将来、もっともっと安い手数料で海外送金が出来るツールがどんどん出てくると思いますね。この分野では、今まで大手銀行があぐらをかいて来た分野だと思うので、新規IT企業がどんどん参入してくるはずですね。