アメリカで生きる番外編:何気に楽しんだ四国小旅行

急遽決めた四国小旅行

息子の急病によって、私一人の日本旅行になってしまいました。

男目線シリーズ:とても楽しみにしていた、息子との日本旅行計画が全て無駄になって思う事

がっつり空いた時間を埋める為に、急遽四国小旅行でもしようかと計画しました。

そして、何気にとっても良い小旅行だったので、アメリカで生きるという内容からは外れてしまいますが、番外編として、四国旅行も良いですよ(笑)という内容を今回は記事にします。

愛媛県松山市観光

まずは私が今まで訪れた事の無い愛媛県の松山市。

今回の様な予定が無くなって空いた時間が急に出来る事が無ければ、行ってみようかな、と思う事はきっと無かったのではないかと思う愛媛県。

今回は息子とアンパンマントレインに乗って四国旅行をしようと計画していた為、その名残で愛媛県がパッと思い付いたのだと思います。

松山城

松山と言えば、松山城!

おお、楽しみ!とネットでチェックしてテンションが上がりました。。

しかし、香川県の高松から松山まで何と電車で約3時間弱もかかりました。

香川県から愛媛県なんて隣の県なので、1時間位かと思っていたら、そんなにかかるの!とビックリしましたが、電車大好きな、いや電車オタクでは無いので、電車好きにしておきましょう。。(苦笑)

そんな電車好きな私にとって、アメリカで電車に乗る事など、ほぼ無いので、3時間弱でも全然問題なし!

アメリカのロサンゼルスとオレンジカウンティーの電車事情

快適な電車の旅を終えて松山市に着き、そこから松山城に行く為に路面電車に乗り換え、大街道という駅からリフトで松山城に到着。

松山城は高台に建っているので、松山市、瀬戸内海が一望出来る素晴らしい場所!

しかし、400年前とかに建てられたお城って(勿論建物自体は復元されてはいるけど)凄いの一言。そんな大昔にこんなに大きな、高い建物を建てるって並大抵な事ではないはず。

そして、緑が一杯の森の中を歩くのは本当に気持ちいいと再確認。心が癒されているのが分かります。

坂の上の雲ミュージアム

次は松山城の近くの坂の上の雲ミュージアムに行きました。

この本は読んでいませんが、ドラマは見ていましたので、これも楽しみでした。

この上の写真を見ると分かる様に、初見はただならぬ外観だと思いました。そして、このミュージアムは何と安藤忠雄氏が設計した建物だと知りました。

は~~カッコいい建物だ。。このミュージアムの外観を見るだけでも来た意味がありました。

ミュージアムの中もとても分かり易く、坂の上の雲に出てくる3人の事が説明されていて、とても興味深い内容でした。

道後温泉

その後は、商店街をブラブラとして、道後温泉に向かいました。

有名な道後温泉本館という所で温泉に入りましたが、正直ただの古い町の銭湯という感じで期待外れでした。。

香川県高松市観光

栗林公園

まずは日本三大庭園よりも美しいと言われた栗林公園です。

あまり期待せずに行ったのですが、ビックリ!本当に綺麗なとっても素敵な庭園です。

私は別に庭園が特に好きでも無く、上記の日本三大庭園にも行った事も興味も無かったのですが、庭園ってこんなに素晴らしいのかと思う位、栗林公園は見事な庭園でした。

沢山の松の木がありましたが、常任している専属の職人さんによって綺麗に整えられていて圧巻でした。

たまたま栗林公園のボランティアの方が入口にいらして、この広い庭園の詳細を解説してもらいながら一緒にまわって頂きました。

とても分かり易い説明で、春の桜が咲いている時や、ライトアップされている時の写真等も見せてもらい、とっても満足でした。

紅葉の時期やライトアップの時期は更に綺麗でお勧めという事で、もし再び来れる機会があれば、ぜひとも足を運びたいと思います。

玉藻公園(高松城跡)

ここには残念ながら城はありません。高松城の跡地です。

上記の写真でも分かる様に、海で囲まれた珍しいお城だったんですけどね、お城が残っていないんですよね。残念。。

屋島健康ランド

そして、私の大好きな健康ランド!

健康ランドは本当に良いですよね。

ここは露天風呂もあって、休む所も十分あり、マッサージも出来て、食事も充実して、泊ってもたったの3,000円弱。

なんか、こういう時間をゆっくり過ごせるのって幸せだな、、と感じました。

まとめ

今回はたまたま出来た時間を埋める形で急遽決めた四国小旅行でしたが、とっても良い旅行でした。

旅行って良いですよね。。海外に長く住んでいると日本のちょっとした場所や物でも珍しいと感じたり、懐かしい、素晴らしいと感じる事が出来ます。

勿論、日本に限らずどこでも旅行する事によって、新しい事や美しい物を見て刺激を受けたり、私の中では旅行はとても大切な位置づけだと再確認する事が出来ました。

因みに、日本帰国時のモスバーガーと餃子の王将の餃子は最高です(笑)。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする