アメリカの米国企業でもボーナスってあるの?

日本社会人時代のボーナス

日本の一般的な企業だと夏と冬の年2回のボーナスがあるのではないかと思います。

日本のネットニュースでも、今年は景気が良かったからボーナス平均額が上がった、もしくは下がっている傾向にある等と言った記事を風物詩かの様に良く目にします。

実際、私が日本で社会人だった時代は、私の年収はボーナスによって大きく変動していた位、ボーナスの重要性は高かった様な記憶です。

私は営業マンだった為、成績によってボーナス額は本当に様々でした。

確か、月給の何か月分をベースに、それプラス成績による金額が加算された合計金額だったと思います。

入社1,2年目時代はその何か月分に毛の生えた様な成績額だった様に思いますが、その後はもはやボーナスの為に営業を頑張ってやっていた、と言っても過言では無い位の額だったと思います。

日本で会社員をされている方の多くは、ボーナスは非常に大切な臨時収入、もしくはローンの返済予定等に既に組まれていて、絶対に無くてはならない存在かもしれません。

では、アメリカではどうでしょうか?

アメリカ日系企業時代のボーナス

アメリカで最初に勤めた日系企業では月収制で、ここでは売り上げが良かった為、確かボーナスを軽く出してくれたと思います。

ここで働いた期間は短い為、記憶が定かではありませんが。。

次の日系企業は年俸制でした。そして、ボーナスは残念ながらありませんでした。

年俸制の為、売り上げが良ければ、翌年の年俸に反映されるという一般的なシステムでした。

けど、やはり日本時代のボーナスという素晴らしいシステムを知っている身分としては、成績が良いならば臨時ボーナスでも良いから欲しい物です。。

成績が年俸に反映すると言っても、マネージャー職という立場上、成績というのは沢山ある評価の一部に過ぎず、それにまつわる事項の結果と評価にもよりますし、尚且つ昇給というのはポジションが上がらない限り、通常は何%かの上昇に過ぎません。

それならば、売り上げという直接的な結果はそのままボーナスという形で反映させてもらいたいと思っていました。

そして、米国企業に転職して、ボーナスはどうなんでしょうか?

アメリカ米国企業でのボーナス

当然、前述のアメリカでの他の日系企業でもボーナス形態は会社によって様々でしょうから一概には言えませんし、私は米国企業は1社しか知りませんので、情報量が少ないのですが、現在のアメリカ米国企業ではボーナスはあります!

マネージャー職の人達のみにですが、成績に応じて、ボーナスを得る事が出来ます。

日本と大きく違う所は、アメリカは多くの会社が1年を4半期に分けている為、3か月毎の成績に応じて、いくつかの目標金額に対しての達成額の何%をマネージャー達で割る、というとても明確な公式があります。

4半期の為、年に4回ボーナスを得れるチャンスがあります。それはとても大きなチャンスだと思います。

以前の完全年俸制ポッキリだと、ボーナスが無く、お金を余分に得れるチャンスは年に一回の昇給のみで、しかも数字に対する評価が曖昧で、とても分かり辛いというデメリットがあります。

しかし、年に4回の売り上げ目標をベースにして、公式に基づいたボーナス設定と年に1回の査定評価による昇給チャンスも当然あるというのは、社員の立場からするととても良いと思います。

因みにアメリカ米企業の評価査定に関しては、過去記事参考にして下さい。

日系企業とは違うアメリカ米国企業のパフォーマンスレビュー(勤務評定)

まとめ

上記にも述べた様に、アメリカでは三社のみしか働いていない為、一概には言えませんが、現在のアメリカの米国企業ではボーナスを年に4回貰っています。

これはマネージャー兼、プレーヤーとしては非常にありがたく、モチベーションの一つになりますね。

しかし、アメリカでは日本の様にボーナスという概念は低く、社員全員が貰うというシステムでは無いと思います。

そういう部分では、日本のボーナス、あ!後、退職金というシステムもアメリカでは基本的に無いので、それらのシステムは日本の方が恵まれていると思いますよ!